問診票システム(Medical Interview Serviece) のご紹介

 タブレット型端末でも利用できるブラウザ型 

データ連携で入力の手間を省きます

紙の問診票の場合には電子化するためにデータ入力が必要になりますが、タブレット端末などで患者様に入力いただくことで入力が楽になります。

選択式の問診内容で記録を簡単に

問診内容は選択式を基本にしております。このためご高齢の患者様でも煩雑な入力作業をせずに回答していただくことが可能です。

ブラウザで入力していたいだける問診票

ブラウザで入力いただけるので、タブレット型の端末があれば患者様に入力していただくことが可能です。また、ネット上に公開することで来院前の患者様に予約時点で入力していただくこともできます。

機能のご紹介

問診票回答状況管理

クリニックの診療科のごとの問診票回答状態が確認できます。 この画面で、患者検索により、医療事務の方が該当の患者さま向けの問診票を選択し、タブレットを患者さんに渡します。

問診票作成・管理

質問を作成することより、質問のライブラリを作成します。質問ライブラリから選択して診療科ごとの問診票を作成します。 2択形式、複数回答形式、必須質問なども作れます。 診療科のカテゴリごとに管理することができます。

問診票の回答

問診票回答については、患者さんに代わり、医療事務の方が患者さんにヒアリングをしつつ入力することも可能ですし、タブレット端末などを患者さんに渡して、患者さんに入力していただくことも可能です。 また、ネット上に公開することで来院前の患者様に予約時点で入力していただくこともできます。

問診票サービス(Medical Interview Serviece) のご紹介