ケリーオンライン診療システム

 

<製品特徴>

1.初期費用&月額費用は無料

診療に必要な基本機能を初期費用・月額費用とも無料でご利用頂けます。
従量課金方式ですので、お支払いは利用した回数分だけになります。

2.予約~問診~決済までこれ1つで完結

診療受付スケジュールの設定から患者への請求作業まで、オンライン診療のシステム上で対応が可能。
また、来院前の問診機能や、保険証のアップロード機能など医療機関と患者さんの双方に優しい仕組みを有しています。

3.シンプルなデザインと高い操作性

医療機関向けの製品を作ってきたノウハウを元にシンプルで使いやすい画面を提供します。
面倒な操作講習無しに直感的にご利用いただけます。

資料請求&申し込みはこちら

 

<導入までの流れ>

【Step1】Webよりお問い合わせ

        資料請求またはセミナーにお申込みください。

  ↓

【Step2】システムのご説明

        弊社担当より製品についてご説明、お打合せのお時間を頂きます。
        このタイミングでご不明点なども議論が可能です。

  ↓

【Step3】申込書のご提出

        内容にご納得頂けましたら利用申込書(契約書)を交わします。

  ↓

【Step4】アカウント発行

        弊社より利用のためのアカウントおよび環境をご提供致します。
        アカウント発行後、簡単なマスタ設定を終えたら利用が開始できます。

  ↓

【Step5】利用開始

        来院される患者さんにシステムの周知を行いつつ、少しずつサービスを広げます。
        慢性期疾患や在宅で病状が安定している患者さんなど。

 

資料請求&申し込みはこちら

 

<オンライン診療とは>

オンライン診療は、これまで対面で行われてきた医師と患者間の診療行為を、電話やスマートフォン・タブレット等の情報通信機器を通じて遠隔にいながらリアルタイムに実施する行為です。

大きく以下のステップに分けられます。

【Step1】Webでの予約・事前問診

Webより診療予約と問診票を入力します。

【Step2】事前仮決済

診療費用の目安となる金額に加えシステム利用料をあらかじめ患者さんからお預かりします。
実際にはクレジットカードで事前に利用額の枠を抑えます。

【Step3】オンライン診療の実施

予定時間になったら医療機関より患者さんを呼び出し、診察を実施します。

【Step4】会計処理

診療終了後は【Step2】で事前にお預かりした診療費用並びにシステム利用料をカードから引き落とします。
決済終了後は請求書、領収書などを患者さんにメールで送付します。

【Step5】処方箋・お薬の送付

院内処方の場合は処方薬を患者さんに送付、院外処方の場合は患者さんの近隣薬局などに処方せんをFAXし、追って患者さんまたは薬局に処方せんを郵送します。

 

オンライン診療の利用画面


オンライン診療を活用することで、患者の受診不安を解消します。

 

 

「ヘルス×ライフ」を活用し、EBMを後押し

「ヘルス×ライフ」を活用した診療補助により、来院の機会が減っても患者の日常生活情報から治療の効果を数値で把握することが可能なため、EBMに基づいた医師の診察を後押しするツールとして利用することができます。

※患者の日常情報の閲覧には患者同意が必要

 

当社クラウドとシームレス連携

当社クラウドとシームレス連携を行うことで、入力遅延を平均1秒以下に抑えました。SaaS型サービスのため、ハード負担はタブレットやヘッドセットが中心となり、少ない固定費で運用を開始できます。

 

アプリ連携で患者の生活習慣が確認できる

当社の健康管理アプリ「ヘルス×ライフ」と連携することで、患者の健康診断・人間ドック結果や生活習慣データ(歩数や血圧・体重など)を参照できます。

※患者側のインストール・データ登録が必要です。

資料請求&申し込みはこちら